腕毛を指摘されたので脱毛することにした

わたしが脱毛をすることにしましたのは、当時付き合っていた彼からの「腕毛濃いよ」の一言がきっかけでした。その当時彼とは付き合って半年ほどたっていて、もう本音でいろいろ話せる仲ではありました。ですが、わたしはデリケートな部分まで彼から言われるとは思いもしなかったので、すごくショックを受けました。また、それから絶対に彼を見返してやると心に決めたのです。彼は思ったことをすぐ口に出すタイプなので、彼にすぐ見破られないように脱毛サロンに行くことは内緒にすることにしました。実際に彼と会わない日だけ脱毛サロンに通うことにしたのです。腕の毛自体の脱毛の料金は安く、ほんとにあまりかからなかったのでびっくりしました。そして、脱毛サロンに通い始めて半年ほどたった時に、彼からようやく腕の毛について言われるようになりました。わたしは何もしていないよと言いましたが、心の中ではすごくうれしくて喜んでいました。彼にきれいになったと言われて、すごくうれしかったです。http://xn--j-dfuwfna1c9949aec9apx9a.com

ビキニをちゃんと着たい

小さい子供がいるので、よくプールなども行く事が多いです。
しかし、ビキニを着るとアンダーヘアの脱毛なども一切手入れをしていないのではみ出しそうで気になります。
いつもビキニの上にTシャツや短パンなどを着ないととても恥ずかしいです。
しかし、アンダーヘアの脱毛をする事も下を全部脱いでサロンの人に見せなくてはいけないのも少し恥ずかしいです。
脱毛サロンの無料相談などにも数回行って見ましたが、施術をする方法などまで説明してくれるサロンもありません。
そのため、27歳にもなって全身なんの手入れもしていないんです。
子供が大きくなるとどんどん外に出る機会も増えると思いますし、温水プールなどがあれば水着になる機会も春夏秋冬季節問わずあると思います。
ママ友達は私より年上と思えないほど綺麗に手入れしているので、子供がわかるようになった場合、恥ずかしい小汚いママだと思われたくないので勇気を出して行って見たいと思っています。xn--tckueu63hd9ets7a8i0aiua.xyz

プールに行けない!

私は、小学生の頃から、自分のムダ毛が濃いことを気にしています。
泳ぐことが好きで、スイミングスクールに通っていたのですが、同級生の女の子に「〇〇ちゃんは、どうして女の子なのにそんなに毛が生えているの?」と言われ、とてもショックでした。その後、スイミングスクールは辞めてしまいました。
スイミングスクールを辞めても、学校では水泳の授業がありますし、体育も私の小学校は半ズボンだったので、足が見えてしまいます。
わたしはある日、こっそりと父のカミソリですね毛を剃りましたが、母にバレてしまい、怒られました。小学生がそんなことするものではない、気にするほうがおかしいと。でも、気になるものは気になるのです。
それから、毛を処理する勇気もなく、思春期を過ごしました。
大人になってからは自分でカミソリで処理していますが、やはりだんだん濃くなっています。
本当は今でも泳ぐのが好きなので、友達や彼氏とプールに行って遊びたいですが、足や腕のムダ毛は処理できても、背中など見えない部分のムダ毛は自分でカミソリで処理できません。
ですから、脱毛して、自分の身体に自信が持てるようになりたいです。xn--j-phusbz669a1sglm7ally.com

指の毛が気になりました

結婚式の時にムダ毛のことが一番気になりました。最近のドレスはデコルテ部分や脇、腕などがすべて出ているタイプのものなのでムダ毛があるとすぐに分かります。脇の脱毛は以前一度したので、そこまで気にならないのですが、腕などは剃刀で脱毛しても毛穴まで綺麗に剃れるわけではないので、とても気になりました。結局、露出する部分の背中や腕などはプロの方にお願いして、結婚式の前日に剃刀で剃っていただきました。
また結婚式の当日には、指輪のアップ撮影があったのですが、後日出来上がった写真を見てみると、指の毛穴が目立っており非常に恥ずかしくなりました。きちんと毛は剃っていたのですが、指輪よりも毛穴に目がいってしまったくらいです。サロンできちんと脱毛をしていれば、指の毛穴はもちろん黒ずみなども解消すると聞くので、事前にサロンで処理をしておいてもらえばよかったなと感じました。
女性は洋服によっては露出する部分も多いので、脱毛に対する気苦労が今後も絶えないと思います。あし脱毛は、冬から始めるのがベストです

脇毛とすね毛

私は比較的毛が濃い方です。出身が九州ということもあり、顔も濃ければ毛も濃いのです。学生時代はネタにして毛を生やそうと友人と言っていたりできました。ですが今となってはそうもいきません。彼氏と営みの時に太ももを触られ、げんなりされたこともあります。
また、寝相が悪い私は腕を思いっきり上へ両腕あげて寝ていました。
彼が先に起き面白いからと写真を撮っていたのです。それを私が起きてから見せられました。その時は笑いになっていたのですが、現在のスマートフォンの性能の良さとズームしても崩れないハイクオリティでよく見ると脇毛がある!ということに指摘され笑いもなくなりました。面白いポーズで笑っていた写真なのに、最後は笑えない脇毛の写真になりました。
夏なんかはプールに行くのも好きなので、脇毛・すね毛だけで、腹毛だったり、背中の毛や、腕毛などあらゆる部分でのケアが必要となってきます。毛は天敵です。彼氏ができたら怠らず除毛やらないといけないなと反省しています。彼氏がいることは幸せなのですが、除毛しなきゃだなと思うと少し萎えます。脱毛サロンの脱毛は痩せるんですね

テレビやラジオのネットニュース

前々から気にはなっていたけど、テレビやラジオの情報をネットニュースとしてアップしている記事に関してなんだか違和感を覚える。
というのは、「ニュース」っていうのは記者が自らの取材でもって得た独自の情報を記者なりの言葉で表現しているものだと個人的には考えている。
しかし、ネットニュースとしてアップされるもののなかには、平気でテレビ番組やラジオ番組の内容を要約や抜粋して、あたかもそれを自分で取材したかのような記事で載せているものが多数見受けられる。
しかも、ネットニュースは「鮮度が命」という部分もあるためか、所々には誤字や脱字が多い。
はたして、そのような代物を「ニュース」というくくりにしていいものかと思うわけだ。
さらに、松本人志や岡村隆史などが「ご意見番」的な扱いをされているが、元々はテレビやラジオで発言したことがネットニュースにて取り上げられるから、勝手に「ご意見番」のような立場にされてしまっているのが、どうにも解せない。
個人的には上記のような記事をニュースとしてネットにアップしている記者もしくは媒体に対してあまり良い印象はない。